安否確認システム-安否確認サービスの安否コール <導入実績1000社以上>

販売パートナーについて
トップページ > 安否確認システム安否コールがSNS・メッセージアプリと連携をしない3つの理由

安否確認システム安否コールがSNS・メッセージアプリと連携をしない3つの理由

安否コールがSNS・メッセージアプリと連携しない3つの理由



SNS・メッセージアプリを利用した安否確認方法


LINEをはじめSNS・メッセージアプリは、誰にとってもとても便利なツールとして日本国内に普及しています。しかしながら企業のBCPの初動となる安否確認として、従業員が利用し始めた場合はどうでしょうか?下記のメリットもあり、短時間で従業員には活用される事も想像でき、最近では安否確認サービスの通知をSNS・メッセージアプリで連携するオプションも複数開発されています。わたしたちはこの度以下の3つの観点からSNS・メッセージアプリと連携をしない方針とさせて頂きました。みなさまには、当社の安否確認システム安否コールの開発方針を何卒ご理解の上、サービスのご利用または他社からの乗り換えをご検討頂ければ幸いです。

SNS・メッセージアプリの5つのメリット
その1
国内最大級の
利用数
 
その2
無料で使える
ものが多い
 
その3
直感的なUIで
使いやすい
 
 その4
リアルタイムで
いつでも繋がる
 
その5
グループで利用が
できる




1 機密性

過去にSNS・メッセージアプリはアカウントを乗っ取られ、情報が流出した前例があります。特に機密の高い企業内の情報や個人情報などについてはSNS・メッセージアプリでやりとりするのは注意が必要です。災害時、LINEをはじめとするSNS・メッセージアプリを利用することで重要な情報が漏洩するリスグがあるため安否コールでは今後も連携化は行わない方針です。
機密性


2 情報漏洩

通常のLINEをはじめとするSNS・メッセージアプリは無料で手軽で便利なツールです。ただし企業で利用するとなると、退職後の社員もグループに参加し続けている場合があります。退職者の管理をするためにはビジネスチャットで1アカウント月額300円程度の維持管理コストもかかり、従業員数の多い企業では経費も膨らんでしまいます。
情報漏洩



3 プライバシー保護

LINEをはじめとするSNS・メッセージアプリでは友だちを自動で追加する機能があります。オンにしていると、個人が登録された電話帳を通じて仕事とは無関係の人や、アカウントを知られたくない人とも自動的に友だちになってしまう可能性があります。わたしたちは、安否確認システムを通じて会社内の人同士のアカウントがあかの他人に知られてしまうのは、コンプライアンスの観点からも防止したいと考えています。
プライバシー保護