安否確認Magは安否確認システムを通じて、災害時の快適なコミュニケーションを目指す企業・団体向け公式メディアです。

災害時の家族安否確認~最適な連絡方法と他社製品との違い~

災害時の家族安否確認~最適な連絡方法と他社製品との違い~

2024/06/18.

1
災害時の家族安否確認~最適な連絡方法と他社製品との違い~

災害時における家族の安否は、誰もが最も心配する事柄の一つです。地震や洪水、台風などの予期せぬ災害が発生したとき、大切な家族が無事かどうかを確かめる手段として、安否確認システムが不可欠です。
このコラムでは、災害時における家族の安否確認方法に焦点を当て、特に安否確認システムを利用した連絡方法と、複数のシステムにおける家族安否確認機能の比較を行います。

index

災害時に家族の安否確認が必要な理由

地震、洪水、台風といった自然災害が発生すると通信網が途絶えがちになり、家族との連絡が取りづらくなることがあります。災害時の混乱の中で家族の安全を確認することは、安心感を得るために極めて重要です。

 

家族との絆と安心感

家族は多くの人にとって最も重要な支えです。災害が発生した際、家族の無事を知ることはパニックや不安を和らげ冷静に行動するための基礎となり、自らの安全に視点を合わせ有効な防災対策を講じることができるようになるでしょう。

情報の確認が困難な状況

災害時には、電力の途絶、通信インフラの損傷、道路の寸断などが発生して、一般的な通信手段では家族と連絡が取れなくなる可能性が高まります。
例えば、2011年の東日本大震災では、多くの地域で携帯電話網がパンクし、数日間通信が困難な状況が続きました。このような時、各所のフリーWi-Fiや移動基地局などによってインターネットでの通信が可能であれば、家族安否確認機能を実装した安否確認システムを活用することで家族の安全を迅速に把握することができます。

緊急対応の効率化

家族の位置や状態が早期に明らかになれば、状況により効果的に救助活動を手配することも可能となります。救助隊は安否確認システムからの正確なデータを基に、迅速かつ効率的に救助活動を開始できるので生存者の救出率が高まり、救助作業全体の質と速度が向上します。

災害時における家族の安否確認は、様々な面にわたりその重要性が認識されています。

災害発生時の連絡方法とインターネットベースの通信の有効性

災害時における迅速な家族の安否情報共有と連絡は、家族の安全確保に不可欠です。この章では、災害時に有効な通信手段としての安否確認システムのメリットを探ります。

 

災害時の通信環境の課題

自然災害はしばしば地上の通信インフラを破壊し、固定電話や携帯電話網のような従来型インフラの機能を損なわせます。しかし技術の進化により、インターネットベースの通信手段がこの問題の解決策となり得ます。

インターネットベースの通信手段の利点

インターネットベースの通信手段には以下のようなメリットがあります。

  1. 広範囲の接続性
    インターネットは全世界的なネットワークを形成しているため、地理的な障壁を越えた通信が可能です。ある地域で固定電話や携帯電話網が損傷した場合でも、隣接した地域のアクセスポイントへの接続や、移動基地局などによる手段でアクセスを確保できれば情報の流れを保つことができます。
  2. 迅速な情報共有
    ソーシャルメディア、メッセージングアプリ、メールなど、様々なツールを通じて情報を瞬時に共有することができます。重要な通知や安全指示を大多数の人々に素早く伝えることが可能です。
  3. 多様な形式の情報伝達
    テキスト、画像、ビデオ、音声など、さまざまな形式で情報を伝達できるため、状況に応じて最も効果的なコミュニケーション手段を選択できます。これは、詳細な情報を伝える場合や、救助要請に具体的な状況を示す場合に特に有用です。
  4. 対応デバイスの多さ
    モバイルデバイス、コンピュータ、タブレットなど、異なるデバイスからアクセスできるため、状況に応じて利用できるデバイスを選ぶことができます。災害時に手持ちのあるデバイスが利用不可能になった場合でも、他のデバイスで対応可能です。
  5. 高いインターネットインフラの回復力
    現代のインターネットインフラは災害に強い設計がなされていることが多く、地震や洪水後に障害が発生しても比較的早く復旧することがあります。また、非常用電源が設置されたデータセンターや基地局が長時間にわたり稼働を続けることができるため、通信の継続が可能です。

 

インターネットベースの災害用通信ツールの種類

インターネットベースの災害時に使用可能な通信ツールには、以下のような種類があります。

ソーシャルメディア:基本的にテキストベースのメディアで、安全確認や情報共有のためのプラットフォームが役立ちます。ただし、不特定多数の個人が自由に書き込みできるサービスが多く、悪意のデマやフェイクニュースに注意が必要です。
オンライン通信サービス:テキスト、音声、ビデオを通じたオンラインチャットなどのリアルタイム通信のことで、災害情報の速報に有効です。ただし、ビデオや音声はデータ量が大きいことから、回線が不安定な状況下では通信中に回線が断絶する可能性があります。
クラウドベースの安否確認システム安否確認に特化した専用のシステムで、登録されている従業員などのユーザや、その家族の安否情報を収集し共有する手段を提供します。

災害発生時においてインターネットベースの通信手段は、その柔軟性、拡張性、速さから非常に有効な選択肢となります。そしてクラウドベースの安否確認システムは緊急時の対応力を高める鍵となるでしょう。

各社の安否確認システムの機能比較

安否確認システムは各社から提供されていますが、家族安否機能について比較すると以下のようになります。
比較項目は、

  • 家族安否確認機能を実装しているか
  • 家族の登録に必要な情報は何があるか
  • アプリの提供があるか
  • 利用にID/パスワードは必要か
  • 家族の位置情報の共有ができるか

です。
※画像をクリックすると原寸で表示します。

家族安否機能以外の機能を含めた詳細な比較表の入手はこちらのボタンからお申し込みいただけます。

 

「よくわかる!他社比較表」の資料請求はこちら

 

これらのシステムはどれも優れている点がありますが、選択する際には利用目的や管理の容易さ、情報の正確性や更新の頻度を考慮する必要があります。災害時における情報の流れをスムーズにし、安全な避難や迅速な救援を実現するためには、システムの特性を理解し、それに合わせた適切な準備が求められます。

当社の安否確認システム「安否コール」は、家族安否確認機能を標準で実装しており、高齢者などのITが苦手な方にも配慮したID/パスワードレスの家族登録や、家族の位置情報の共有ができるシステムです。
災害時に安心感を得ることができる最適なツールと言えます。

 

安否確認システム「安否コール」の公式サイトはこちら

 

家族安否確認の重要性と最適なシステムの選択

このコラムでは災害発生時の家族安否確認の重要性と、最適な安否確認システムの選択基準について見てきました。これまでの内容をまとめてみましょう。

  1. 家族安否確認の重要性
    災害発生時、家族の安否確認はただのルーチンではなく、安心と迅速な対応を可能にする重要なプロセスです。家族が無事であることを確認できれば、パニックを防ぎ、より組織的で冷静な対応が可能となります。この結果として、家族内だけでなく、企業や地域などのコミュニティ全体の心理的な安定にも寄与するでしょう。
  2. 災害時の通信手段とインターネットの利点
    災害時における通信手段の中でも特にインターネットベースのツールは、広範囲にわたる接続性、迅速な情報共有の可能性、そして多様な通信形式の提供という特色により、災害時の情報流通と安否確認にとても効果的です。中でも専用の安否確認システムは正確かつ即時性に優れ、多くの人々に情報を届ける手段として価値があります。
  3. 安否確認システムの機能比較
    複数の安否確認システムの家族安否確認機能の比較により、企業、個人、地域コミュニティ各々に最適なシステム選択の基準が得られたでしょう。システムが提供する情報の精度と更新の速度、使いやすさ、そして経済的な持続可能性を特に重視して、適切な安否確認システムを選択することをお勧めします。
  4. 最適なシステムの選択
    家族安否確認に対応した安否確認システムを選択する際は、具体的な目的と必要条件を明確に設定することが不可欠です。システムは、緊急時に迅速かつ正確な情報を提供することが求められ、また、すべてのユーザが直感的に利用できるべきです。さらに、コストパフォーマンスも重要な選択基準となります。

 

適切なシステムを選択することで、災害の最中でも家族やコミュニティの安全を守り、迅速な復旧に貢献することができるでしょう。

運営会社 株式会社アドテクニカ

「世界中のコミュニケーションをクラウドで最適に」することをミッションとして掲げ、2000社以上の法人向けのデジタルコミュニケーションとデジタルマーケティング領域のクラウドサービスの開発提供を行う防災先進県静岡の企業。1977年創業後、インターネット黎明期の1998年にドメイン取得し中堅大手企業向けにインターネットビジネスを拡大。”人と人とのコミュニケーションをデザインする”ためのテクノロジーを通じて、安心安全で快適な『心地良い』ソリューションを提供している。

事業内容
デジタルマーケティング支援
デジタルコミュニケーションプラットフォーム開発提供
認定資格
ISMS ISO/IEC27001 JISQ27001認定事業者(認定番号IA165279)
プライバシーマーク JISQ15001取得事業者(登録番号10824463(02))
ASP・SaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定事業者(認定番号0239-2004)