安否確認システムなら安否コール <導入実績700社以上>

販売パートナーについて
安否コールが選ばれる理由
トップページ > 安否コールが選ばれる理由

安否コールが選ばれる理由

選ばれる理由
安否コールが選ばれる理由

ゼロからはじめる安否確認システム


安否コールを開発した2007年には、すでに多くの大手企業が安否確認システムのサービスの提供を行っていました。
開発のきっかけは私たちの本社でもある、防災先進県静岡の大手ユーザからの要望でした。
「現在出ている安否確認システムの中で、当社のBCPに対応するサービスが無いため一から開発してほしい」という依頼を受け、
仕様の打ち合わせを重ね完成させることができました。

その後、製品の改良を重ね、2011年3月11日の東日本大震災では50社以上のユーザまで拡大し、問題なく稼働したことで、
今ではその利用数も700社を超えるものとなっています。
しかしながら3.11以降には、数えきれないほどのデベロッパーやプロバイダーも増えたため、
利用者にとっては【どのソリューションが最適なのか?】を見極めることも困難になってきました。

わたしたちは、数多くのお客さまと共に今まで培ったノウハウやアイデアを通じ、最先端のテクノロジーを進化させてきました。
その防災先進県静岡からこそ生み出されたBCPを主軸としたテクノロジーで、このまちの未来や社会の発展のために役立てて行けると考えます。
そしてこれから新規での導入や乗り換えを検討しているユーザの方には、
よりよい快適なソリューションを手軽に見極めて頂きたいと考えます。
そのためにわたしたちは、数多くの他社サービスの安否確認システムの操作性・信頼性・安定性の観点から【性能】や【機能】を細かく分析させて頂いております。
その情報を、最低限必要な「5つの条件」という形でまとめましたので、是非導入時の有益な情報としてお役立てください。






動画で見る   導入のお客様   料金プラン   安否コール6.5   アプリ2.5




5つの条件
安否確認システムの5つの条件



1 大規模災害の3.11や熊本地震で問題なく稼働したこと
3.11や熊本地震のような大規模災害では、通信規制やトラフィックの集中でうまく利用ができないシステムや、最近では3.11以降に提供されはじめたサービスも少なくありません。【安否コール】は3.11の大規模災害で問題なく稼働した経験を踏まえ、気象庁とのデータ配信ロジックやサーバ負荷テストなどを繰り返し、ユーザ規模の拡大に合わせたテクノロジーを提供していきます。 5



2 プライバシーマーク審査基準に適合した個人情報保護を行っていること
安否確認システムを運用する場合には、必ず従業員の大切な個人情報を取扱うことになります。
情報の漏洩や不正利用などが継続的に社会的な大きな問題となっています。このような大切な資産を適切に運用できるようプライバシーマーク審査基準に則り、そのノウハウを蓄積することでより安心安全で快適なサービスの提供が不可欠となります。
 4



3 情報セキュリティマネジメント(ISMS)規格レベルで安全の確保ができること
ここ近年クラウドサービスなどへのサイバー攻撃などが増加しています。セキュリティインシデントやリスクアセスメントなどの情報漏洩リスク軽減をはかるため、お客様が安心してサービス利用をする環境を創り出すことが重要です。安否確認システムの「機密性」「可用性」「堅牢性」を守り、高いセキュリティレベルを維持し運用していくことがわたしたちISMS認証取得企業のつとめです。 3



4 災害時の家族安否確認も位置情報もリアルタイム共有できること
BCPの初動となる従業員の安否確認は、企業としては最も優先的な取組みとなります。しかし従業員の立場からすれば、災害時に大切な家族の安否確認や居場所の確認が最優先になることは間違い有りません。「従業員とその家族を守る」というBCPの目的に沿った家族向けのインフラ環境の提供は、大企業として社会的に大きな役割を果たすこととなるはずです。 2



5 事業継続を支える安否確認後の初動時の双方向掲示板があること
熊本地震で【安否コール】を利用していた、益城町のユーザから聞いた話です。安否確認は問題なく出来たが、地震の時には1週間電話もメールも繋がらなかったそうです。事業継続するにあたり、SNSと同じWEB回線を利用した一番安定性の高い掲示板機能は、本社と外回りの技術者を繋ぐ最も確実な方法でした。わたしたちはその後すぐにバージョンアップを行い、国内複数拠点を繋げられるような無制限の掲示板機能を用意させて頂いております。 1







動画で見る   導入のお客様   料金プラン   安否コール6.5   アプリ2.5